ウエディングドレスを選ぶ事

女性の憧れと幸せの象徴が「結婚式」。その結婚式にて最重要アイテムはやはりウエディングドレスだろう。結婚式には席次、料理、ペーパーアイテムの選定・作成、披露宴で流す音楽等々、とにかく細かな準備が必要である。そして結婚式当日、この日の主役は結婚式を挙げる二人である。さらには「新婦」が最大の主役だと言えよう。そんな日の装いにはやはり特別な衣装「ウエディングドレス」が必要不可欠である。最近の結婚式は様々な趣味や趣向を存分に取り入れ、「そのカップルらしい結婚式」が挙げられている。そのリクエストに応えるようにウエディングドレスも様々なデザインが登場している。また芸能人やモデルによるデザインブランドも数多くあり「ウエディングドレス」とたった一言では括れないのではないかという位多様である。ドレスの型も豊富で自分の好みや体型に合わせて選ぶ事も結婚準備の楽しみのひとつだろう。

どのような型があるのかといえば、「Aライン」といわれるバスとから裾まで広がったアルファベットの「A」をかたどったものや上半身は体にフィットし腰から裾へギャザーで広がったようなまるでお姫様のようなデザインの「プリンセスライン」、体にフィットした作りで膝下から人魚の尾ひれのように広がった「マーメイド」。裾がバスト下からほとんど広がらずストンの落ちた大人の雰囲気の「スレンダー」など様々である。さらに足を見せるミニドレスなどもあり自分にぴったりのウエディングドレスを選び最高の結婚式を迎えたいだろう。もちろんドレスだけでなく新婦を装うティアラやベール、アクセサリーなどもドレスと一緒に沢山のデザインの中から自分に合うものを選びたい。また、デザインの多様性だけでなく料金形態なども昨今の経済状況を反映してか「購入」のみならずブライダルサロンからの「レンタル」や「ドレスを自分で作成する」といった選択が出来るのも面白い。購入する場合もレンタルする場合も人気のデザインや名前の通ったブランドドレスはやはり根が張る。もちろん特別な一日の為に換えられるものはないと考えればそれまでだが、あえて自分での作成に挑戦するのも忘れられない思い出となり良いのではないだろうか。

ネット環境の充実している現代はドレスを自宅にいながらチェックすることができ、値段を抑えたドレスを発見出来るのも大きな利点ではないだろうか。特別な一日を特別なウエディングドレスで装う日はきっと一生忘れられない一日となるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*